関西公演

サロード×箏 ~京都公演~
Sarode and Koto Concert in Kyoto

2019年5月4日(土)
出演:ディプトニル(サロード)、森川浩恵(箏)、指原一登(タブラ)
時間:13:00〜 演奏会とワークショップ①   
   16:00〜 演奏会とワークショップ②
   ※演奏会とワークショップがセットになります。
会場:まほろばぁむ 京都四条 
アクセス:烏丸駅から徒歩4分、大宮駅東口から徒歩6分、四条駅から徒歩6分
住所:京都市下京区四条西洞院西入傘鉾町59-61
料金:3,000円(要予約・限定15名)※1ドリンクオーダーをお願いします
予約:075-371-0941(まほろばぁむ)
概要:共に、伝統音楽家の家に生まれ、幼少期から伝統を学び歩んできた森川とディプトニルによる、対談とデモンストレーションを中心としたワークショップ、そして今回初となる共演。生粋の音楽家の皮膚感覚を通して、その視線の先にある、日印の音楽、また伝統音楽の本質に迫っていきます。

サロード×箏 ~兵庫公演~
Sarode and Koto Concert in Hyogo

2019年5月5日(日)
出演:ディプトニル(サロード)、森川浩恵(箏)、指原一登(タブラ)
時間:13:00〜/16:00〜
会場:龍吟会サロン           
住所:兵庫県たつの市龍野町中村321-6
料金:3,000円(お茶付)※要予約
予約:0791-62-1824(平日10:00〜18:00)

共演者プロフィール

Hiroe Morikawa - Koto player

森川浩恵 – Hiroe Morikawa

百余年の歴史を誇る三代続く邦楽の家に生まれる。(森川の代で四代目)
3歳より母に箏、6歳より父に尺八を学ぶ。
後に幼少期より横山勝也に尺八・演奏法など音楽に関する基礎知識、音楽に必要な思想・哲学を学ぶ。
2002年現役女子高生としてメジャーデビュー。 デビュー作品は発売時に純邦楽では異例のセールスを記録。収録曲がCM起用され話題となる。
古典芸能の技術を基盤に、アバンギャルドな奏法を駆使し、 自身のスタイルで様々な音楽やアート・映像・舞台などと共演。 彼女の独特の雰囲気から様々なアートシーンに関わる。 歌声のファンも多く、箏を使っての弾き語りやポップで親しみやすい楽曲には若年層からの支持が厚く、 思想・哲学性をかんじる箏の音は玄人に愛される演奏家に成長。
現在はキウイとパパイヤ、マンゴーズのボーカリストとしても、ソリストとしても、国内外で活躍の場を広げている。
また、芸妓組合に正規登録し、数年間音楽活動と平行して芸妓を勤めていた事もあり、日本文化や日本の美意識の多くを吸収した女性としても各方面で注目されている。

指原一登 – Kazuto Sashihara

タブラ奏者。HEAT bEAT MUSIC 主宰。
タブラを、 U-zhaan 氏に師事したのち、2008年より Pt.Anindo Chatterjee、Sri Anubrata Chatterjee 両氏に師事。
2018年、師 Pt.Anindo Chatterjee より、伝統的な師弟の証である “Ganda” を授かる。
インド音楽演奏家として、多数の音楽家・舞踊家と共演。来日アーティストとの共演等、精力的な活動を展開している。
インド、パキスタン各国大使館で演奏。日本テレビ「シューイチ」他、TV・ラジオ番組等出演。
主宰する HEAT bEAT MUSIC では、公演・ワークショップ等の企画制作、タブラ教室の運営に力を注いでいる。グローバル・インディアン・インターナショナル・スクール、江戸川印度文化センター、よみうりカルチャーでタブラ講師を務める。

広告